implant

implant

失った歯の機能回復のための治療で歴史が古いのは入れ歯治療で、次はブリッジ治療、そしてインプラント治療と続きます。入れ歯は比較的かんたんな治療で済み、短期間で完成し、保険診療を選択すれば費用を抑えられます。ブリッジ治療も比較的短期間で済みますが、となりの歯に大きな負担をかけてしまいます。

その点、顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療は、外科手術が必要で、比較的高額な診療ですが、インプラントが自立して、まわりの歯に大きな負担をかけません。それぞれの治療に特徴がありますので、患者様に合う治療法を選ぶことが大切です。

Treatment that does not sharpen healthy teeth

健康な歯を削らない治療

むし歯治療の基本は、できるだけ歯への負担を減らすことです。細菌に汚染された部分を取り除き、健康な歯質はできるだけ残すのです。また歯の中の神経をなるべく残し、さらに可能なかぎり抜歯を避けます。歯を削るということは、むし歯になるリスクを高めることでもあります。マイクロスコープなどを活用しどんなに精度を高めた治療を行っても、健康な天然歯にはかなわないからです。

失った歯の機能回復のためのブリッジ治療は、両方のとなりの歯を削って支台にします。健康な歯質の一部を削られたうえに、3本分の荷重を2本の歯で支えなければなりません。そのため、過度の負担がかかり、その支台の歯の寿命を縮めてしまうリスクを負うのです。

About implants

インプラントについて

インプラント治療とは、失った歯の機能回復のために顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上に支台を立て、セラミック製の被せ物を装着したり、特殊な入れ歯を使ったりする治療です。生体親和性が高いチタン製の人工歯根を顎の骨と結合させるので、強い力で噛むことができます。自分の歯に近い感覚を得られるとともに、刺激が顎の骨にも伝わるので、顎が痩せてしまうのを抑制します。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 自分の歯に近い感覚で噛めて、食べ物の食感や温度を感じられる
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 天然歯のような自然な見た目を得られる
  • 顎の骨に刺激が伝わり、骨が痩せてしまうのを防ぐ
  • 丁寧なメンテナンスで長く使用可能
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が比較的長い
  • 自費診療なので比較的治療費用が高額
  • 信頼できる歯科医院を選択する必要がある

Differences between implants, bridges and dentures

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラント治療
インプラント治療
ブリッジ治療
ブリッジ治療
入れ歯治療
入れ歯治療
概要 人工歯根を埋め込み支台にする方法 連結した人工歯を装着する方法 取り外し可能な装置を装着する方法
対応本数 1本からすべての歯まで 数本 1本からすべての歯まで
まわりの歯への影響 ほとんど負担をかけない 支台にするとなりの歯に大きな負担がかかる バネをかける歯に大きな負担をかける
顎の骨への影響 刺激が伝わるので痩せにくい 痩せやすい 痩せやすい
美しさ 天然歯に似せることができる 自費診療の素材を使うと自然に見える 顎の骨が痩せると口元にしわがよりやすい
清掃 歯ブラシや歯間ブラシを使った丁寧な歯みがきが必要 丁寧な歯みがきが必要 通常の歯みがきとともに、入れ歯の清掃が必要
治療期間 人工歯根が顎の骨に結合するための時間が必要なので、治療期間が長め お口の状態により2週間~2ヶ月ほどで治療可能 入れ歯の形状やお口の状態により、2週間~2ヶ月ほどで治療可能
欠点
  • 外科手術が必要
  • 治療費用が比較的高額
  • 健康な歯を削らなければならない
  • 支えになる歯の寿命を縮めてしまう
  • 異物感がある
  • よく噛めないことがある
  • 不自然に見えることがある

About the human bridge that hardly sharpens teeth

通常のブリッジ治療は、失った歯の機能回復のために橋のように連結した人工歯を装着するので、支台にする歯を大きく削らなければなりません。歯のバリア機能があり、もっともかたくて丈夫なエナメル質を削るので、支台に大きな負担をかけます。結果的にその支台の歯の寿命を縮めてしまうことにもつながるのです。

しかしヒューマンブリッジ治療では支台にする歯を削るようが少なく、エナメル質はほとんど削らず残したまま治療ができる画期的な方法です。

ヒューマンブリッジの特徴とメリット

ヒューマンブリッジの特徴とメリット

1:残っている歯へのダメージを小さく抑える

ヒューマンブリッジ治療の際は、歯にくぼみを形成するだけなので、従来のブリッジ治療よりも健康な歯質を削る量を大幅に軽減できます。

2:支台の歯の神経を抜かずに治療可能

従来のブリッジ治療の際には、場合によっては支台にする歯の神経を抜かなければなりませんでした。しかし、ヒューマンブリッジでは、くぼみをつくるだけなので、大切な歯の神経を温存できます。

3:治療の痛みを小さく抑えられる

くぼみをつくるだけで歯を削る範囲が少ないので、麻酔が不要です。痛みを感じることはほとんどありません。外科手術も不要です。

4:インプラント治療を断られた方にも治療可能

顎の骨が足りなかったり、糖尿病などの全身疾患があったり、外科手術ができなかったりしてインプラント治療を断られた方でも、治療にほとんど負荷がかからないヒューマンブリッジは安心して受けられます。

5:インプラント治療よりも治療費用を抑えられる

ヒューマンブリッジ治療は自費診療ですが、インプラント治療のような外科手術をともなわないので、比較的治療費を抑えられます。

Cost

インプラント
1本の場合
インプラント(事前検査料込) 基本250,000円(税込)

※2次手術以降は、その都度のお支払いです
※上部構造(被せ物)は別途お選びいただきます
※上部構造装着後は毎月のメンテナンスが必要です

ヒューマンブリッジ
自費診療
ヒューマンブリッジ 280,000円(税込)